Pages

Sunday, December 27, 2015

カイロプラクティックの法制化

カイロプラクティックは、日本において法的に確立された職業ではない。


法的に定められた教育内容も教育基準も一切無いので、誰でも『今から』自称カイロプラクターになれるのが現状だ。




欧米諸国では法制化されており、国家資格化され立場が確保されている。




以前、とあるカイロプラクティック法制化推進団体からのアンケートに応えさせて頂いたが、正直に言ってカイロプラクティックの法制化を望んでいるか、望んでいないのか、自分でもわからなくなる。



ある意味、望んでないし、同時に望んでいる部分もあるからだと思う。





なぜ望まないかと言うと、

カイロプラクティックの独自性が欠落している現段階の"国際基準"カイロプラクティックに違和感を抱かずにはいられないからだ。

"国際基準"のカイロプラクティック教育を受けたカイロプラクター達の9割9分がカイロプラクティックを頭痛、肩こり、腰痛、病気等の回復に利用しているのが実状だ。



自分の経験上、カイロプラクティックを追求すればするほど、「症状、病気の回復」という目的がフィットしなくなる。




一体、自分は何のためにカイロプラクティックをしているのか、他と同じような事をしててカイロプラクターと名乗る意味はどこにあるのか、カイロプラクターとしての存在価値はどこにあるのか…そんな疑問を抱かずにはいられなくなってしまう。




カイロプラクティックの生誕の地アメリカでは、カイロプラクティックの独自性はほぼ消滅したと言っても過言ではない。


それはカイロプラクターが症状、病気の回復、健康の維持を目的としたためである。

するとどうなるか。


カイロプラクターとしてできる事に限界を感じるために、他の業種の手法を取り入れるカイロプラクターが続出するのは容易に想像できるだろう。


だから現行のカイロプラクティックの法制化に賛成できないところがある。

しかしながら、当人は「症状、病気の回復、健康の維持」という目的を達成しているし、多くの利用者の幸福に貢献しているので存在を否定する理由ははどこにもないし、誰も悪くない。




その人自身が、カイロプラクティックという職業にどう向き合うかという問題だけで、現在の9割9分のカイロプラクターの存在が問題だと微塵も思っていない。



自分を省みた時に、志賀隆史という人間は「カイロプラクターと名乗る事に誇りを持てるか」という事が引っかかったために、カイロプラクティックの独自性というものを強く意識しはじめ、同じ境遇の人がいればと思い啓蒙しようと決意しただけだ。












逆になぜ法制化を望むかというと、

権利の確保だ。


カイロプラクターとして人の体に触れさせて頂く事をせずして目的を達成する事は難しい。



法律上、人の健康を害する虞のある職業は禁止される。


カイロプラクティックという職業が禁止されない為には、人の健康を害する虞がない事を立証しなければならない。



自称カイロプラクターによって、人体の健康を害したケース(事故)と言うのは、毎年消費者生活センターに報告されている。



このまま事故が報告され続ければ、カイロプラクティックという職業は危険だと認知され、法的に禁止されてしまう可能性がある。



カイロプラクティックという職業を守るという意味では、カイロプラクティックを医療として括り、「症状、病気の回復、健康の維持、増進」という医療の目的の下、代替医療として立場を確保するというのが、法制化推進団体の思うところだろう。







アメリカでは、医療として法制化する事を選んだ経緯がある。



それがあってアメリカの現状があるのだが、どちらの道を選ぶのか、悠長に見守っている場合ではないのは確かだ。







でもどのような状況になっても、カイロプラクティックはできる。




どちらに転んでもやる事はひとつ。

脊椎サブラクセーションを見つけ、分析し、正すことだけだから。



Thursday, December 17, 2015

TIC道場合宿 番外編

15日の早朝に、一足早く慶さんと博さんが東京へ向けて帰って行った。


数時間の睡眠も束の間、残った僕と道場生は朝から角田先生と亜里奈先生による療術を体験させて頂けることになった。



正直どんな事をやるのかも存じ上げなかったが、体を触られていく度にピンポイントに問題のある箇所に処置を施していく。




それは明らかに「症状」や「病気」を治療、又は慰安するものではない。



間違っていたら申し訳ないが、生命を正確に働かせる根源(東洋医学で言う気?カイロプラクティックで言うイネイト?のようなもの)を見て、生命活動を干渉する問題に多角的にアプローチしていくものであり、『かくあるべき』という特定の型に人を当てはめようとするものでは無いのが、非常にカイロプラクティックに似て共感を覚えた。




『ある意味、見ているものは一緒なんだな』


と、自分は率直に感じた。




施術後、明らかに体の状態が変わっていた。

それも、カイロプラクティックアジャストメントを受けた直後のような感覚が面白かった。





道場生は、茅野店店長の亜里奈先生に施術をして頂いたが、整顔法も受け、

「目がパッと開きます!!!」


と言っていたので見てみたら、目力が出まくっていた(笑)




今回、他流のプロの技を体で感じることができて、本当に良かった。


それは慶さんがブログで書いていたように、「カイロプラクティック至上主義」に陥らない為にも必要なプロセスだったと思っている。



これが仮に中途半端な"治療行為もどき"だったらそうは思わなかっただろう。


療術師のプロの技であるからこその感動だったのは言うまでもない。





カイロプラクティックも日本の法律上は療術の一つとして括られる。



法制化する事があるのかはわからないが、先ずはその道の一流になる事の必要性を強く感じた1日だった。



姫木整体療術、茅野店には療術のプロがいます!


長野県近郊にお住いの方はこの機会を是非!

TIC道場合宿 @姫木整体療術茅野店

先日の13日から15日まで、今年最後のTIC道場を姫木整体療術の角田晴彦院長と 茅野店店長の小林亜里奈先生のご協力のもと場所をお借りして行った。

角田先生お手製の信州蕎麦をご馳走になり、みんなご満悦!本当にうまかった!



今年4月から始まったTIC道場は、9ヶ月目を迎えた。



受講者もこの僅か9ヶ月でみるみる成長し、ストレートカイロプラクターとしての道を真っ直ぐに突き進んでいると実感する。


自分は受講者のお手伝いしかできないが、本人の熱い思いが言動や行動に現れているのでどれだけ時間を割こうが全く苦にならない。




今回の合宿は連日連夜、『カイロプラクティック』のど真ん中にいながら他流のプロから観た第三者的な視点もダイレクトに感じる事ができた。



TIC道場を外から見ていた亜里奈先生から、
「TIC道のメンバーはお互いにない物を上手に補い合っている」


というお言葉を頂いた。



確かにそれぞれが今の立場、経歴、経験、個性が違い、それぞれに凸と凹がある。




それぞれが自分の役割を全うするコンビネーションで言えば、確かに絶妙なのかもしれない。


ターグル歴16年の嶋田慶三郎DC


マードックでクソみたいに勉強した志賀隆史B.Sc(Chiro), B.Chiro.

アメリカに渡りTICを極めるお侍、磯部博文STR8DC2B

たまに出て来てオイシイところを全部掻っ攫う用心棒(笑)
心なしか若い子に触られ鼻の穴が広がっている角田大先生(笑)

徹底してサポート、合宿のお世話にまわって下さる亜里奈先生

療術のプロフェッショナルを魅せて頂いた
真剣!





各々がそれぞれの立場で、できることを全力でやり切った合宿だったと思う。




今回の合宿は、道場生のみならずTIC道の成長に大きく弾みをつけて下さった角田先生と亜里奈先生、そしてサポートしてくれた家族やクライアント様のお陰です。




胸を張ってTIC道を邁進して生きます!


角田先生、亜里奈先生、ご協力ありがとうございました!

Friday, December 4, 2015

カイロプラクティックとカイロプラクター

先日、TIC道提供のグリーンブック勉強会の忘年会に行ってきた。


自分を含めカイロプラクティックを実践している、または学んでいる人の集まりで、単にカイロプラクティックを突き詰めたい一心で日本各地から集まった人達だ。



正直にグリーンブック勉強会もこんなに集まるとは思ってもみなかったが、来られている方々もそれぞれの道を紆余曲折歩んで来た結果、こうして一ヶ所に集まったわけだ。


自分の過去を振り返ると、
カイロプラクティックの大学で医者になるのと変わりないような内容を勉強する日々で、細胞生物学、解剖学、生理学、生化学、生体力学、病理学、微生物学、整形外科学、薬学、診断学、レントゲン学、神経学、統計学、経営学、EBM、インターンシップ……

などの所謂、WHO(世界保健機関)によって定められた教育を受け、日本校という条件に甘んじずに自分だけ英語で勉強してテストやレポートも英語で答えた経緯がある。



しかしそれらの教育を受けている時から『カイロプラクティック』を学んでいるという実感は皆無だった。


「こんな医者と変わらない勉強をして、『私はカイロプラクターです』と言うことに誇りを持てるのだろうか…」


そんなことがきっかけで、医者と同等の!とか、薬や手術ではなく手で治す!とかいう一般的な“カイロプラクティック”から気持ちが大きく離れて行ったのを覚えている。





「カイロプラクターと名乗るならば、カイロプラクティックを学ばなければ」




そう思い、学校にあったグリーンブックを手に取り本当の意味での僕のカイロプラクティック人生がはじまった。






それから7年、こうしてグリーンブック勉強会という会が開かれ、カイロプラクティックを深めようと同じ志を持った人達と出逢えたことは本当に嬉しい。





まだまだカイロプラクティックを深められると思うが、勉強すればするほど今まで自分が理解していたカイロプラクティック哲学とは違う点がボロボロと出て来る。


カイロプラクティックとウェブで検索すると、この人は全く以てカイロプラクティックを理解出来てないなと思う事も過去あったが、過去の自分を考えると人の事は言えない。





しかしカイロプラクティックを深めて来た今、
「私はカイロプラクターです」
と誇りを持って言える。


だからこそできることもあると思っている。
色々とカイロプラクティックを誤解していた自分だからこそ、今できることをやっていきたい。






あなたは、カイロプラクターと名乗る事に誇りを持てるか。