Pages

Friday, May 29, 2015

カイロプラクティックは他人と比較しない

カイロプラクティックにおいて、クライアントに対する見方は大きく一般的なそれとは違う。




どういうことか。






カイロプラクティックでは、

“こうあるべき”、“こうでなければならない”、“こうしてはダメ”

という比較判断基準は外にはない。





例えば、クライアントさんの脊椎が大きく“歪んでいる”とする。

ひとはそれをまっすぐに治そうとすることだろう。




例えば、クライアントさんが“足を組む”とする。

ひとはそれをやめさせようとするだろう。



例えば、クライアントさんが“平均体重”より重いとする。

ひとはそれを減らそうとするだろう。



では、

例えば、クライアントさんが“平均身長”より高いとする。

ひとはそれを縮めようとする…のか?



例えば、クライアントさんの右手が左手より大きいとする。

ひとは右手を小さくしようとする…のか?



例えば、クライアントさんの声が高いとする。

ひとはそれを下げようとする…のか?






学校や会社など、自分以外と共に生きる社会というルールの中で生きるには、

『比較して判断する』ということは避けられない。





だがカイロプラクティックにおいては、その比較対象は存在しない。






自然を見渡しても、一番小さな浮草という見事に美しい花は隣の蓮の花に劣等感なんて感じていない。その蓮の花もちょっと離れたところにある大きなひまわりの花を羨ましく眺めていない。



それぞれが与えられた環境、与えられた肉体全てを使って生命を表現しているに過ぎないのだ。






あなたも、あなたの隣人もそう。




他人と比べ、身長が低かろうが高かろうが、鼻が低かろうが高かろうが、手足が短かろうが長かろうが、それはあなたには関係ない。




それよりも、あなたはあなたで自分自身を受け入れ、胸を張って生命を全うすることのほうがよほど潔く、美しく、そして尊い。と僕は思う。






あなたは既に、100%なのだ。




足りないものを補ったり、余ったものを削ぎ落したりはあなたの自由だが、



周りの基準に合わせるのではなく、あなたの100%を求めよう。



テストで100点を取れなくても、自分のベストを尽くそう。











カイロプラクティックの33の原理原則の7番目に、こういうものがある。


No. 7 The Amount of Intelligence in Matter
  The amount of intelligence for any given amount of matter is 100%, and is always proportional to its requirements.


第7番. 物質における叡智の量
 如何なる物質における叡智の量は100%であり、常にその必要とされる量と釣り合っている






すでにあなたは、完璧なんです。


Tuesday, May 12, 2015

純粋な眼

TIC道が提供する、ストレートカイロプラクティックを学ぶ場であるTIC道場でカイロプラクティックを伝えさせてもらって3回が終わった。



今受講している方は、カイロプラクティックに関するバックグラウンドがほぼ無いので、
そんな「純粋な眼」を持った方からの質問は鋭く、核心を突くものが多い。




先日での質問に、

「なんでIntelligence, Forceの量は常に100%存在してると言い切れるんですか?どうしてわかるんですか?」

というものだった。




前回は、カイロプラクティックという学問の重要な骨組みとなる33の原理原則を教えていた時に出た質問なので、一般の方には意味不明だと思う。




日常生活に落とし込んで例えるとすると、
こどもが「ねえねえ、なんで信号が赤の時は止まるの?」と言っているようなものだ。





これはあくまでも個人的な解釈ではあるが、
「自然に対する最大限の畏敬の念があるからだ」と答えさせて頂いた。




カイロプラクティックの考え方においては、万物を司る叡智(自然の力)を絶対的に信頼している。


簡単に言えば、自然を信じているからだ。



仮に自然を疑うということは、『人の力でその自然をコントロール、またはそれを弄って自分の欲を満たそうとする』ことになると僕は思う。




カイロプラクティックは、自然の力、叡智を絶対的に信頼しているからこそ常にIntelligenceやForceの量は常に100%だと言い切れるのだ。








実際のプラクティス(実践)においても、クライアントさんの中にある自然の力を最大限に信頼出来るか否かで、やることは変わって来る。



つまり、その人を絶対的に信頼するのであれば、その人に委ねることが最善の決断になる。






目の前で苦しんでいる人がいれば、何か力になりたいと思うのが人の性だ。

力を貸す事自体は構わないが、相手が自分の力で立ち上がれると信じて最小限しか手を貸さないのがカイロプラクターであり、それが相手への最大限の敬意でもあるのだ。






これからどんな質問が出て来るか、愉しみ!!


Wednesday, May 6, 2015

どすごいtownフェスタ!

先日、中京テレビハウジングプラザ豊橋南にて、スパインチェックのイベントをさせて頂きました!





今回は初めて自分ひとりでの出店ということで、不安もあったけど、準備から何まで自分ひとりでやるのは大変だと思いました…笑


会場はモデルハウスが建ち並ぶ所で、テントの中で出店させて頂きました。

さすが風の街豊橋だけあって、強風に次ぐ強風!

準備したパンフレットやら名刺やらは風に乗って誰かが拾ってくれた…ことを祈ります(笑)



Facebookで知り合った方や、ブログを読んでくださってる方にも来て頂き、数人だけでしたが全力でスパインチェックをさせて頂きました。



カイロプラクティックをやる環境は、自分で整えられるところとそうでないところがあります。


「こうでなきゃカイロプラクティックはできない」というものにはしたくないし、限られた環境でしか結果が出せないのであれば、それは実力不足でしかないと僕は思うので、なんとか頭をフル回転させながら、どうすればカイロプラクティックができるかという事を、身をもって経験できたのも大きな糧になったと思います。





常に温度、湿度、磁場、電場、放射線、○○、…と挙げればキリのない環境変化要因にどう自分が適応するかという点で、自分の幅を広げる良いきっかけになりました。



「この環境じゃなきゃできない」
「レントゲンがなきゃカイロプラクティックはできない」
「タイトロンがないとできない」


などなど、カイロプラクティックを狭めているのはカイロプラクター自身なのかもしれません。




どんな状況でも、どんな環境でもカイロプラクティックをするためにはどうすれば良いかを考える、逆に言えば、どんな環境でもカイロプラクティックはできるので、その道筋を自分で見つけ出すことも必要だと思ったイベントでした。




今回のイベントに携わった方々、わざわざゴールデンウィークの1日を使って来てくださった方々には、感謝でいっぱいです。



ありがとうございました!!