Pages

Saturday, November 8, 2014

スタイル

自分の"スタイル"とは何だろう。






尊敬するChiropracTOR達のスタイルは、見事にそれぞれ違う。





何年も紆余曲折ありながら、各々が一番納得するスタイルになっているのだろう。





もしかしたら、何年も実践しているChiropracTOR達と同じスタイルでプラクティスを行う事は、非常に危険なのかもしれない。






各々のスタイルは、指紋のようにその人特有のものであり、川の水のように移ろい流れているものなのだと最近つくづく思う。









形を真似ても中身のない"cheap"なものになってしまうのだろう。






どんなにプラクティスがうまく行っているように見えても、当の本人は常に改善点や、満たされない何かを求めてスタイルを変えている。







自分がその時々で一番納得するスタイルは勝手にできるものであって、考えてもしょうがないと思うようになった。






人はどうしても形から入るし、形を求める。

大切な事は"食べること"と同じで、噛んで細かくして消化し、吸収して環境に適応するために必要なところに必要なものを補う。

つまり、完全に自分のモノにすることが大切だ。





自分のスタイルとは何だろうか。


自分自身を良く知らなければ、自分自身は輝かない。


Tuesday, November 4, 2014

アクティブシニアフェスティバル!

11月3日、文化の日。


豊橋の総合体育館で"ChiropracTIC"を提供させて頂いた!





これは同じく豊橋で長年プラクティスをされている"カイロプラクティック小僧"こと、荒川先生と共同で行った。




アクティブシニアフェスティバル自体が初めての開催となった今回、合計1800人程が来場されたようだ。





今まで、こういう公の場や"お試し体験"的なものは毛嫌いしていた。


それは、こんな場でこんな形でしっかりとカイロプラクティックが伝わるのか?という思いからだった。





素直に、実際やってみた感想としては、『どんな形でもカイロプラクティックは伝わる!』と確信できた。




思い起こせば自分もきっかけは"体験"からだった(笑)




無料のスパインチェックだけで20人弱、有料のアジャストメントアプローチは8人程。



その数は、少ないと捉えるかそれなりと捉えるかは個人の価値観だが、僕としては数字以上、収益以上に思いがけない多くの収穫を得ることができたと自信を持って言える。




何も知らない人、一般的に広まった"カイロ"を受けた事がある人、そんな方達に自分の実践する“ストレート”カイロプラクティックを説明するのは、本当に億劫で気が引けていた。



それは上記同様、何を言ってもわかんないだろうという自分の中の決めつけがあったからかもしれない。




しかし今は、完全にその固定観念は崩れ、確信ができた。





“ストレート”カイロプラクティックは、十分に人に受け入れられる、伝わる、人生を豊かにできる!





これから、積極的にChiropracTICを豊橋に、愛知に、中部地区に、日本に、そして世界に発信していく!!!






今回は、きっかけを与えて下さった荒川先生、来場された多くの方々、そしてアクティブシニアフェスティバルを開催するにあたって携わった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。



ありがとうございます!