Pages

Tuesday, October 21, 2014

限界

カイロプラクティックに制限を感じる人は、カイロプラクティックという枠から抜け出すべき素質がある人だ。




僕は正直、カイロプラクティックに制限は感じない。



ただ、カイロプラクティックに限界は感じる。





物質の限界があるように、我々生命体は限られた物質によって構成される。




脊椎の無い生命体に関しては手の施しようがないし、アプローチしようとする脊椎レベルに病変があればアプローチができない。






それはボクシングでもそう。
ボクサーは打撃に足を使わない。ボクサーがボクサーであれるのは、「拳のみ」という限られた世界の中で闘うからこそ、その面白さと奥深さがある。




もしその「拳のみ」に制限を感じる人は、キックボクシング、またはその他の総合格闘技への扉が用意されているまでだ。




野球でもそう。
限られたフィールド内でたったひとつのボールの行方に皆の全てが注がれる。無限のフィールドで、複数のボールを扱えば、もはや野球じゃないし面白くもなんともない。





ピアノでもそう。
表現できる限られた鍵盤とペダルの中で、如何にその限界の隅の隅まで自分自身が挑むか。そこに面白さと奥深さと真の自分自身の表現がある。





僕は志賀隆史であることに限界は感じる。でも、志賀隆史であることに制限は感じない。







だからこそ僕の人生があり、限られた世界でありったけの自分を表現するチャンスがある。







カイロプラクティックには、間違いなく限界はある。





でも制限を感じるか否かはその人の素質によると思うので、制限を感じるのであれば素直にカイロプラクティックから離れれば良い。






Chiropractic is vertebral subluxation.




この限られた世界には、無限の愉しみがある。





Friday, October 17, 2014

不健康

これは個人的な意見だが、


この世に『不健康』は存在しない






カイロプラクティックは健康という一括りの中にあるプロフェッションのひとつであるが、脊椎サブラクセーションのみをターゲットとしているために、健康に関わる全ての知識がある訳ではない事を断っておく。








一般的に認知されているカイロプラクティックは、所謂『不健康』の状態、つまりは頭痛、肩コリ、腰痛といった症状や、病的な状態を扱う。







しかしながら、僕の実践するカイロプラクティックは違う。


所謂『不健康』の状態であろうが無かろうが、健康であろうとする力を最大限に発揮させる事に、ストレートカイロプラクターとしての存在意義がある。







そもそも『不健康』とはなんだろうか?


健康ではない状態


とすると、健康とは一体何なんだ?




世界保健機関(WHO)で健康の定義がなされているが、完全無欠に説明できているとは思えない。






僕自身が健康の全てを知っている訳ではないが、僕の観点からすれば、『不健康』という状態は存在しない。






人は生きている限り健康だ






例え如何なる症状や病気があろうとも、必ず生きている限り治そうとする、修復しようとする、元に戻ろうとする。





謂わば『健康』と『不健康』(症状や病気)を分け隔てる一線は無い。



健康の中に不健康(症状や病気)と呼ばれる状態があるに過ぎず、適応しきれない状況下において、症状や病気として表に出てしまうだけだ。






人は生きている限り、健康であろうとする。


「健康であろうとする」=「生命の維持」だ





その生命の維持には、「神経を介する正常な情報伝達」が必要。







だからこそ、カイロプラクターは症状や病気という状態に苦しめられている『不健康者』の為に存在するのではなく、

健康であろうとする、または生命を維持しようとする全ての『健康者』の為に存在している意識を持たなければならない。






だからカイロプラクティックは頭痛、肩コリ、腰痛で苦しむ人達だけでなく、生きている脊椎動物全てが対象になる。



カイロプラクティックに制限はない。

脊椎サブラクセーションという軸があるだけだ。





Wednesday, October 15, 2014

自分の眼を持っている



それは、僕の尊敬する人達全てに共通する。





人は人と影響し合いながら生きているものだが、「周りの眼」というものに知らず知らずのうちに"矯正"されてしまっている。







一般的にはこう考える
大多数はこう見る
社会的にはこう思われている





そういう自分の持って生まれた本来の『眼』ではなく、他人の眼だけでものごとを見る傾向にある。







それはある意味、一人では生きていけないこの世の中で人間が身に付けた適応力である事には違いないが、周りだけに適応すると本当の自分というのは100%活かされないと僕は思う。




周りの眼も勿論必要不可欠だが、自分の眼を持つことは、社会に適応するだけでなく社会を自分に適応させる為にも必要不可欠だ。






周りの環境に適応するというのは受動的だが、それだけでは真に自分は活きない。同時に社会も活かされない。




周りの環境を自分に適応させることと、周りの環境に自分が適応することの両方が、社会と個が相互に活かし合える鍵であり、自分を100%活かし切れる重要なポイントなのかもしれない。








恐れず自分の眼で物事を見定め、行動する。それでいて周りの眼も心得ている状態。






自分の経験上、アジャストメントアプローチを受け、サブラクセーションフリーになった時にそのようなバランスが非常によく取れていると感じる。









サブラクセーションフリーという状態は、何も足す必要も引く必要もない、まさにパーフェクトな状態。







サブラクセーションフリーの恩恵は、無限大だ。


Tuesday, October 14, 2014

手筒花火

先日、豊橋の橋良神社にて三河地域独特の「手筒花火」をあげてきた!





遡ること4ヶ月前、宮崎から豊橋の柱地区に移り、彼女のお母さんに勧められた「手筒花火」。


正直見たこともないけど、なんだかとにかくやってみたくて「やらせてください!」と奉煙会会長にお願いしていた自分がいた(笑)






準備は一ヶ月前からはじまった。

手筒花火に使う竹を隣の隣町?まで取りに行き、適当な長さに切り、節を抜いて削り、紙やゴザ、縄を巻いて、更に筒の中を磨く。

本番の前日には、山奥にある火薬を手筒に込めるとこまで行き、帰り着いたのが夜中の3時。




当日も朝に神事を済ませ、神輿を担ぎ町内をまわり、神社に戻っては"ネリ"で神社の境内を駆けずり回る。



更に夜の花火のために足場を組んだりと、休む暇なく日が暮れていよいよ本番!!




ジュネーブでがんばる修子や、彼女のご両親、自分の両親、自分と関わってくださる全ての方々、そして自分自身に向けての激励と感謝を込めて、ランスの火が手筒花火の先端にかざされた。







ちょーーーーきもちぃ!!!!笑






上げる前までは震えるほど緊張したが、終わった瞬間はなんとも言えない達成感だった。








やってて思ったのは、カイロプラクティックと似てるという事。



僕の実践するカイロプラクティックも、本番の一発勝負。




その一発のために、毎日準備して、如何に安全に、如何に美しく、如何に当たり前にできるか。







道の先を歩く先輩カイロプラクター達も、一見簡単そうやってのけるが、現実にその道を進むと見えてくる、その凄さ。







花火から多くの気付きをもらったこの一ヶ月。



本当にやって良かったし、確実にプラクティスに活きる素晴らしい世界を見せてもらった。





全ての方々に、感謝、感謝。




Thursday, October 2, 2014

BJ Palmer's GREEN BOOK 勉強会

昨日の10月1日、東京は等々力の"Living Legend" こと、三宅誠先生のオフィスでグリーンブックの勉強会に参加させて頂いた。




僕が現在知り得る限り、三宅先生は言わずと知れた"The ChiropracTOR"であり、カイロプラクティックを最も追求したBJ Palmerの生き写しであるGreen bookを何十年もの歳月を費やし解読、実践してきた、日本で、いや、世界でおそらく唯一のChiropracTORである。






Green book(vol.18)は、僕がシャーマンカレッジに行っていた時、現地の学生
に「タカ!なんで今頃そんな本読んでるの?なんかまとまり無いし、読んでもよくわかんないから、Joe Strauss DCのblue book読みな!」と言われた…(笑)



Green bookを読んでるのはシャーマンカレッジといえども全学生、教授の中で片手で数える程だった。




英語が達者なアメリカ人でさえとっつきにくいGreen book。





それを何冊もボロボロになるまで読み込み、30数年間実践、検証してきたのが三宅誠という漢だ。




三宅先生の数十年の経験の重みを文章で表現することは不可能だが、相当な道を歩んできたのは言葉の端々や振る舞いを通してひしひしと感じる。



勉強会では気さくに、ただただカイロプラクティックを愛する者同士、平等に、そして読解、実践、検証を繰り返してきた事をシェアしてディスカスして行く、本当に有意義なものだった。






おそらく、そんな大勢のカイロプラクターがこの勉強会に参加していくとは思わない。




ただ、この勉強会は先生と生徒、師匠と弟子のような変な上下の壁は皆無。

本当に、純粋にカイロプラクティックを追求する勉強会であり、カイロプラクティックに興味がある人は誰でもウェルカムであることは間違いない。






「カイロプラクティック」


この文字を目にしただけで"何かを感じる"人であれば参加資格はあります(笑)



(BJ Palmer's Green book 勉強会、Facebookページより)





僕の知る限り最高の機会。



参加して良かった!

(BJ Palmer's Green book 勉強会、Facebookページより)