Pages

Saturday, April 27, 2013

こだわり

何かを貫くということは生きる上では重要で、人によって譲れないところやこだわるところが違う。人生観とか、その人の美学に通ずるところだろう。

ただ、時にその“こだわり”を見直すことも大事だと最近特に思う。




何かに執拗にこだわり過ぎたり、カイロプラクティックのテクニックで言えばこのテクニックしかダメだという思い込みは危険な方向に行く。というか、目的がはっきりわかっていたら、方法論なんて目的を達成するための結果的な産物でしかないことに気付かなければいけない。


自分の例で言えば、自分は上部頸椎のターグルリコイルだけがカイロプラクティックだと思ったことがあった。
それは、ミキサー(病気、症状を多様な手段で治療する人)の世界からカイロプラクティックを見直した際、ストレートカイロプラクターはほぼ上部頸椎のターグルリコイルを実践してたからだ。


そこでマードックを卒業後、上部頸椎のターグルリコイルテクニックに突っ走った。が、アメリカ(Sherman College)に行って気付いたことがあった。ストレートカイロプラクターは上部頸椎ターグルリコイルではない。自分らの目的(軸)を明確にして、様々な枝葉へとそれぞれ別れて行く。どの枝葉へ手を伸ばすかは、その人の生まれ持った身体の性質によって異なってくるだけで、ストレート=上部頸椎ターグルリコイルではない。





だから自分は、ストレート=上部頸椎と思っている人から見ればストレートカイロプラクターではないのかもしれない。

ただ、これはかつての自分のように誤解してる人にわかって欲しいことだが、ストレート=方法論ではない。ストレート=Objective(目的)だ。

その目的の一つ屋根の下の住人は方法論はなんであれ皆ストレートカイロプラクターだ。

自分の目的を今一度見直さないと。その目的は人それぞれ違っていて良い。自分はたまたま自分の考えとカイロプラクティックの考えが重なったから、たまたまストレートカイロプラクティックをやってるだけだ。







そういえば、Betty Gelardi D.C.がディナーに誘ってくれた時に、こんな事を言っていた。

Betty: 「今、私の手がなくなったらAOT(アトラスオーソゴナルテクニック)を使うわ。」



Friday, April 26, 2013

体感

藤渕先生のオフィスに伺ってからというもの、気付きが多い。


まあ、基本的な事といえば基本的な事なんだが、やっぱり何事も体感しないと、いくら想像力が優れていても、いくら経験を積んでいても、いくら頭が良くても、身体全体で感じない事には何もわからない。




藤渕先生の存在は、自分が医学を勉強しているときに「カイロプラクティックとはなんだ?」という単純な疑問を持ち始めたときから知っていた。もちろんブログを通してだが。



「ほ〜、こんな人もいるんだな〜。けどよくわかんねえな…」というのが第一印象だった。わからないのは当然だ。その頃の自分は、今習っている医学、医療としてのカイロプラクティックがカイロプラクティックだと思っていたからだ。

その頃の自分からしたら、カイロプラクティックは病気、症状の診断、治療、予防をするもんだろ!と勘違いしていたので、藤渕先生の「本質の表現」というものに気付けずにいた。






そして時は過ぎ、嶋田先生との出逢い、たくさんの学びがあって、やっとカイロプラクティックとはなんなのかというシンプルな疑問が明解になり、Sherman Collegeへ行って基本を学ぶ事ができた。

そんな中、藤渕先生はFUCA-TIRAまで進化を続け、より自然の法則に沿った表現のステージへ上り詰めていた。もちろん、こまめに藤渕先生のブログ、YouTubeの動画などをチェックしていたのだが、まだまだわからないことが多かった。なんでテーブルはあんなに低いのか…なんで右からしかアプローチしないのか…なんで右回転なのか…なんでアレだけで全身が躍動するのか…。

その「なんで?」を解く鍵は、直接感じるしか他に道はない!


というわけで、嶋田先生が近々藤渕先生のところに行くと言うのでご一緒させて下さい!とお願いした。



素直に、まだFUCA-TIRAの全てをわかったわけではない。が、その全てを感じる事はできたので、今回の訪問はかなり大きな衝撃と感動だった!


やっぱり、なんでも自ら動かなきゃわからない!!


すげえ写真!

Thursday, April 25, 2013

復活!

まさか復活するとは思わなかった。

そう、今流行りのFacebookだ!



3、4年前にFacebookをやってたのだが、自分の周りでやってる人がいなかったので、つまんねえやと思ってずっとやめていた。


ところがどっこい、ここ数年で環境が大きく変わって来た。日本でもFacebookのことを知らない人があまりいないと言うほど有名になり、それと同時にストレートカイロプラクティックも着実にアツくなって来ている!




アメリカに行っていた頃、よくShermanの学生達、先生達に「TakaはFacebookやってないの?」とほとんどの人達に質問される。「もう、やめたよ」と言うと、「アカウントを取ってよ〜、そうすればずっとTakaと連絡がとれるじゃない」と言ってくる。そこで大抵、「まあ、気が向いたらね」とはぐらかしてきた。


その気が向いたのだ!!




早速、アカウントを取り、色々いじってみると、、、やばい、、、大分変わってる。。

環境の変化に適応してないとはこの事か……


と思いつつ、適度に久々のFacebookを楽しんでいる。


もともとウェブ上でのやりとりは好きではなかったが、とにかくウェブ上でもストレートがアツい!自分のオフィスを持って、ひとりで燻っていた炎が、どんどん大きくなるのがわかる。



Facebookを通して、自分の役割、今やるべきことがより明確になってきたのは確かだ!



ますます、これからが楽しみだ!!




Wednesday, April 24, 2013

The Day 4

空港までは30分くらいだったか。

車内で嶋田先生とふたりで、盛り上がった“ライブ”を振り返りながら空港に向かった。
やっぱり、経験しないとわからない話には空想上での理解が限界だが、むしろこれからぶち当たる壁の数々を目の前にした時に、言っていた意味がわかるのだろう。とにかく今は、自分の出来るだけのことをしていかなければ、その壁達に迎えられない。




だいたい時間通りに空港に着き、まるで修学旅行のような写真も撮れたところで、嶋田先生とはお別れ。いや〜、すごかったな〜と思っていると、藤渕先生に「明日予定あるの?」「いや、特にないです!」、「泊まっていったら?」「えええっっっっっ!!そんな悪いですよ〜」、「いいよいいよ〜」、「え?良いんですか〜?」、「いいよ〜」ってな感じで急遽、延長戦が決まった!爆



まさかのまさかで、Japanese BJの家に泊めて頂くながれになったことに、我ながら“持ってるな”と感心した(笑)

急な展開にも快く奥様も受入れてくださり、おいしいディナーとビール、栗焼酎まで頂いた。

うまかった〜


延長戦では佃先生もご一緒してくださり、三人でShermanに行ったときの話、これからのObjective Straightの話、先生方の経緯、アドバイス等々…本当に楽しかった!
しかも、嶋田先生がいた時にわからなかったことや、基本的な質問にも、自分にわかるように教えて下さり、まさに眼から鱗。こんな贅沢していいんだろうかと思いながらも、延長戦は続いた。


気付けばもう午前0時。佃先生は自宅に帰られ、お風呂に入って寝る準備に。でも、自分の興奮はまだおさまらなかった。布団も準備してくださり、寝ようとしたところ、なんと先代、先々代のThe Fujibuchi special達が!!先生もお疲れのところ、テーブルの説明や経緯を教えて頂き、結局床についたのが午前1時をゆうに過ぎていた。


ああ〜〜〜、幸せ。と思った瞬間、もう一瞬で眠りについた。








朝、6時頃に藤渕先生と奥様が起きていろいろ準備してるのがわかって、やばいと思って飛び起きた。

おいしい朝ご飯も頂き、部屋を見渡すと藤渕先生の作品達が。今は作られてないそうだが、おもしろいものがいくつも鏤められていた。


その後も色々とアドバイスを頂き、FUCA-TIRAを体感。凄まじいの一言だ。明らかに、前日とは違う現象が起き、「今のは惹き付けたね〜」と藤渕先生。明らかに自分でも、何かがすごい勢いで自分の中に入って来るのがわかった。レスト中も初めて、1、2回眠りそうになった。本心、寝たかったのだが、トイレに2回も行きたくなり、寝させてくれなかった…。


すごい体験しちゃったな〜と思いながら、藤渕先生とうどんを食べ、似合わない車で高松をあとにした。






恐るべし、FUCA-TIRA。
これからすごい事になりそうだ!




この機会を作って下さった、嶋田先生、藤渕先生、奥様、佃先生には心から感謝です。
確実に、この経験はこれからの人生で財産になると直感してます。

ありがとうございました。また、伺います!


いや〜、すごかった!

The Day 3

藤渕先生のオフィスに到着すると、居間でしばし歓談。

自分としては、目の前にあのJapanese BJとStraight Kingが…

最初はガッチガチに緊張して、自分でもなにしゃべってたかわからないくらいの緊張と感動だった!


あの時間は本当にアツかった!
藤渕先生、佃先生、嶋田先生というこの道の先輩方が自分より眼をキラキラさせてどんどん盛り上がって行く。自分の中で、あの空間と時間が言葉では言い表し難い、なんともいえない不思議な流れと言うか、動きと言うか、音色と言うか、…とにかくすごいとこにいるんだなと思わせるものだった。


藤渕先生のオフィススペースに入った時はまたビックリ!狭い!
けど全てが凝縮されてて、無駄が無く、一見物が多くてごった返してるようだが、シンプルでなんとも居心地が良い。


最初にパッと眼に入って来たのは、The Fujibuchi special MARK III・SCARABだ。
すごい存在感。

想像よりもかなり低く、思ってたよりも堅くない。皮の張り方が予想よりもゆとりがあって、寝てみた印象も楽で正直驚いた。


瞳が輝いてる!

藤渕先生、佃先生、嶋田先生と、ストレートカイロプラクターとして生きて来た先生方の話のなかには、まだ経験の浅い自分にはわからないこともあったが、わからなくてもとにかくワクワク感で満たされていた。

新たな気付きや、再認識、そしてこれからどうしていこうかという僕にアドバイスを下さったり…なんでこんなに楽しいんだ!


そこの場にいた皆が、同じ目的の下、自分の役割を認知し、それを元にどう表現して行くか、如何にそれをより良いものにしていくかを、尽きる事無く進み続ける。

「未だ通過点」という藤渕先生の思い。とても大きい言葉だった。


これから自分はどう、この炎を大きくし、次につなげるか。そんなことを考えていると、どんどんアツいものが自分の中から湧き出て来た!


なんと楽しい時間は早く過ぎる事か…。
気付いたらもう嶋田先生の帰る時間に。藤渕先生の先導で、そそくさと宮崎空港よりちょっと大きくてきれいな高松空港にむかった。


The Day 2

マイカーで夜中に出発したこともあり、大分県臼杵市のフェリー乗り場まで予定した時間よりも早めに着いた。

そこの薄暗いチケット売り場で往復のチケットを購入した。
これが結構高い…

それも無理は無い。車体の長さで料金が違うので、なかなかの金額だった。



フェリーの乗車時間は約2時間半。あ〜、これでゆっくり休めるな〜と思ってたのも束の間。

エンジンの騒音と振動、そして薄い鉄板の上にうっすらと敷き詰められたタイルカーペットのような場所で横になると、どんどん体温が奪われていく。。。エアコンはついてるけど、鉄板までは温もらない……。こんなとこで寝れるわけねえじゃねえかー!!と思っていると、毛布の貸し出しの看板が!助かった〜と思っていると、「100円」の文字が。。。やばい。小銭を車に置いて来てしまった…。まっ、愛媛の八幡浜からのルート確認とかしてりゃいいだろと思って横になったら、一日中興奮しっ放しだったから疲れてたのだろう、そんな状況でもあっさりと1時間くらい寝られた。


まだ暗い八幡浜に降り、そこからかれこれ2時間半、午前7時半に高松空港に着いてしばらく休み、9時過ぎにStraight Kingのピックアップ任務が。しかし高松空港は霧が出ることで有名で、しかもその日は雨上がりの朝。こりゃ下手すると濃霧で飛行機が降りられないかな〜と思っていたら、そこはさすがの晴れ男。Straight Kingが高松空港に降り立つ頃には青空が見え始め、霧は全く出てなかった!


嶋田先生と合流し、宮崎空港よりも綺麗でちょっと大きい高松空港をあとにして、ストレートカイロプラクティックオフィスへ向けて出発した!
途中、曲がらなければ行けない道を直進してしまったため、中心街を走る事に。

なんとビックリ、高松の中心街は都会で。。
このままじゃやばいな、宮崎……。

途中、車一台がやっと通れるくらいの細い道が出て来ると、嶋田先生はビックリされていた(笑)田舎出身の自分としては、普通の道だったんだけど…(笑)




なんとか無事に藤渕先生のオフィスに到着し、藤渕先生、奥さま、佃先生、犬達が快く迎え入れてくれた!

ネット上で見た事ある看板だ!


The Day 1

ようやく落ち着いたので、ブログにまとめていこうと思う。


そう、知ってる人は知ってると思うが、あのJapanese BJこと藤渕先生とカイロプラクティック界の福岡正信こと佃先生に会う為に香川県は高松市まで、車をかっ飛ばして行って来た!


出発当日、実は高校の同級生の結婚式があったので、心苦しくもビールを2杯くらいに抑えて、友達の門出を祝った。(Y、かっこよかったぞ!Mちゃんと子供を大事にしろよ!おめでとう。)

二次会には途中まで参加したが、刻一刻と出発時間がせまるなか、自分の中で友達を祝っていた時とは違う興奮がだんだん大きくなって来るのが明らかにわかった。




午後8時頃にその場をあとにして、身支度をして少しでも寝ようと思い横になった。

がっ!!!

大変な事に、興奮で眠れない!!


結局、一瞬だけ意識が落ちた程度でほぼ寝られず車に乗り込んだ。


さ〜て、出発するか!と午後12時頃に実家をあとにした。

かっこよかったぞ!




Thursday, April 18, 2013

便利

一昨日から、携帯電話会社のauでiPhone等のアップル製品端末のezwebメールが正常に機能しない状態が続いた。


そんな中、自分もauのiPhoneを使っており、メールのやり取りが上手く行かず、ちょっと困った。

けど、この状況下で感じたのは、“便利ってなんだろう?”という事だ。



メールがいつものように送受信できないだけで、イライラしたり、なにやってんだauは!金返せ!と怒ってる人もいるみたいだ。まあ、怒るのもわかる。もし、大事な内容をメールで送ろうとしてた人や、声が出ないからメールを主として意思伝達ツールとして使っている人や、メールが唯一自分を表現出来る人だっているはずだ。
そんな人達にとっては、メールが正常に機能しないことは一大事だろう。



問題なのは、その怒りの矛先よりも、“矛根”に眼を向けられるか否か。その怒りをぶつける先よりも、なぜ怒るのかという起源を考えれば、普段いかに恵まれた環境の中にいるのか、または、いかに奇怪な世界にいるかがわかるはずだ。

思った事をすぐ文章にして送りたい人に送れる。手紙を書くよりもよっぽど早く届く。メールだと、相手に送る時間なんか気にしなくて良いし、作家のようにメールになると“饒筆”になれる人だっている。そういえば、どっかの作家、作詞家か何かその類いの人がメール画面を使って文を作るって言ってたっけ。そういう面で、Eメールという発明は多くの利益を産み出した。

と同時に、Eメールの発明はこの現実世界を非現実的にしてしまったところもある。簡単に言えば、利点を言い換えれば欠点になる。頭の中の文章を形にするのが面倒で、手紙を書く手間を惜しむ。手紙が届くまでに数日かかるし、届いた時にその人が家にいるとは限らない。本来時間がかかるもののはずが、その時間を焦るあまりに、本来の姿を見失ってしまう。

自然には時間が必要なのに、人間社会はその時間を軽視してしまってるのは否めないところだ。




いったい便利とは、どんなことを言うのだろうか?


わかりません。


Wednesday, April 17, 2013

King of Kings


自分の中の“The King of Kings”はこちら。



そう、ロッテのチョコパイだ!

正直、これより美味しいお菓子は今のところ食べた事は無い。


周りのチョコレートや、中の生地、クリーム、どれをとっても最高!他社商品で、似たようなものが販売されてるけど、やっぱりロッテのチョコパイはKingだ!


お勧めの食べ方は、冷蔵庫で冷やして食べる食べ方。ちょっと周囲のチョコが堅くなってパリッとした食感がたまらない(笑)


大体、月に3、4箱くらいは食べてるみたい。


志賀隆史の1/3はチョコパイで出来てます。

チョコパイ、様様です。笑


Wednesday, April 10, 2013

計画中

ひとつ、近い将来実現させたい目標を立てた。

これを姉に言ったら「は?なんじゃそりゃ?!」と笑われた。無理も無い。笑



目標とは、“美術館で個展を開く”だ。

あれ?姉と同じ反応かな?


美術館といえば、美術品、芸術作品を展示する場所だから、何か作品を展示したいのかと思われるだろうが、展示するものはなにもない。

ただ、やる事と言えばカイロプラクティックだけだ。
体験型の個展を開きたいと考えている。


これはかなり楽しみ!なのは自分だけかな。

結構本気で実現させるつもりだ。


乞うご期待!


Tuesday, April 9, 2013

余裕

大抵、何かを実行、実践する場合、「集中しろ」と言われる。

集中とは、外部、またはやろうとしている事以外を全て排除して、それだけを実行する事を言うのだと思うが、注意を一点に絞ったら危険なことがよくある。

全く自慢にならないが、自分はなかなかの集中力の持ち主だ(笑)
そう、これと決めたらそれ以外が全く眼に入らなくなってしまう。

これが運転だったら危険極まりない。特に運転なんていうのは、周りとの阿吽の呼吸で成り立っている。ただ単に目的地に行く事しか注意が及んでいなければ、スピード超過、信号無視、歩行者、道路上の危険物………必ず途中で事故って目的地にすら到着できなくなって本末転倒だ。


そこで最近、特に気をつけてるのが“余裕”だ。“遊び”といってもいいかも。

今までは早く目的地に到着することしか頭になかった、というかそれしか考えられなかった。最近は「そんなに焦ってどうすんだ?」と、もう一人の自分が忠告してくれる。


運転中に大きな桜の木を見つけることができるかもしれない、菜の花が綺麗に咲いてるかもしれない、猫が道ばたの木陰で気持ち良さそうに休んでるかもしれない。けど、その間しっかりと前に進んでいる。進みながらも眼をくまなく配り、状況を楽しみながら、また進む。

子供の頃なんか、一直線に家に帰る子は少なかったはず。よく友達と石を蹴りながら、道端に生っているみかんを取って食べながら、ちょっと入り組んだとこにある仲間だけの秘密基地で、拾って来たものを披露しながら……


大人になると、効率主義になっちゃって、子供の時の感覚を忘れるんだろうな。

もっと余裕を持たなきゃ、世の中退屈だ!


まあ、適度にゆっくり行きましょうよ


Saturday, April 6, 2013

不自然体

最近、やけに気になって仕様がないことがある。

人の「対応」だ。


いろんなお店に行く事があるが、サービス、店の人の対応も様々だ。
そんなに自分を貶める必要があるのかと思うくらい異様に腰が低かったり、どうだ!と言わんばかりの傲慢な人もいる。無関心のようにそっけない人もいれば、南国の湿気のように執拗にまとわりついてくるような人もいる。


人それぞれなのは結構だが、気になるのは“自然体”かどうか。


普段使い慣れない言葉をここぞとばかりに振りかざし、訳も分からず、とりあえずそれらしい言葉遣いでその場をやり過ごす。自分もいろんな職場でアルバイトをさせて頂いたが、大体新人研修で「こういう時はこのように言いましょう!さんハイっ!」と言った風に訓練されるわけだ。


問題なのは、そこにはその人自身はいないということ。

全く思ってもない事を、マニュアルだから言わなければいけないとか、社会の“常識”だという都合のいい謳い文句で、こちらが議論する余地を与えない。


なんと不自然体な対応が多い事か。
本当にそんな事思ってしゃべってるのか?と疑いたくなる。
その場はしのげても、そのしわ寄せに家に帰ればあーだこうだと豹変する。そんなことで自分を滅ぼすほど、おかしなことはない。マニュアルや常識といったものに取り憑かれて、本当の自分を失うくらいなら、それに従わない方がマシだ。


ここでひとつ断っておくが、決してマニュアルや常識が悪いと言っているわけではない。あまりにも“自然体”に人目が及んでいないことを危惧しているのだ。


自然体とはその人自身ということ。もっとその人自身を尊重する視点を持たなければ、その人は素直な自分を表現できなくなって、ただのマシーンになってしまう。



言葉は言霊だ。気持ちが入ってなければ、テレビの砂嵐の音と何も違わない。
自然体こそ、言葉は意味を持ち、人を幸せにできるんじゃないだろうか。


Monday, April 1, 2013

Next stage

今日、4月1日にストレートカイロプラクターとしてのスタートを切った。

両親、姉達、親戚、同志達、友達、先輩方の支えがあってここまで来られた。もちろん少なからず不安はあるが、なんと幸せなことだろうか!


マードックを卒業してからは、自称ストレートカイロプラクターだった。それは、自らをストレートカイロプラクターだと呼ぶことによって自分を奮い立たせるために言っていた。当時は、いずれストレートカイロプラクターになろうという気持ちではなく、ストレートカイロプラクターを目指そうとしたわけでもない。卒業した今この瞬間に自分はストレートカイロプラクターに成らなければ、この先ずっと成れないと感じたからだ。

その覚悟を胸に、シャーマンカレッジへ行く為に準備を進め、聴講が実現し、唯一無二の経験をし、いよいよ“自称”の域を超えた“通称”ストレートカイロプラクターのスタートを切った。

自らの浅い経験でしかないが、強く思えば実現するということが証明できた。



そして今日、次のステージへと進んだ。

今、強く思うのは「過去も未来も無く、今この瞬間を素直に活きる」だ。過去の栄光や挫折、未来の希望や不安なんてものは、今この瞬間には無い。今は今でしかない。過去や未来の為に生きるのではなく、今を生きることにこだわっていきたい。それが結果的に、過去や未来を明るくすると思うからだ。


あの某予備校講師も言ってるじゃないか、大事なのは「今でしょ!」


今この瞬間へようこそ!


開業祝いやお祝いのお花をありがとうございました。大切に活かします。