Pages

Sunday, March 24, 2013

白鵬 翔

今日、横綱白鵬が全勝優勝を決めた。

横綱という番付では、勝つ事が当然のように求められるなかの全勝優勝。


今日の取組では日馬富士との手に汗握る相撲を見せてくれたが、取組の前には勝負が決まってるように見えた。

大関達が相撲を取っている間、土俵の下で待っている時の表情や、土俵に上がってからの制限時間までも日馬富士の鼻息が荒く、表情にもかなりの力みが見て取れた。制限時間いっぱいになって両手を降ろしたときも、日馬富士の焦りから、両横綱の息が揃わずに「待った」の声が行司から掛けられた。

それに比べて白鵬は、終止落ち着いた様子。“異常”な力みもないし、呼吸も取組に合わせて徐々に変化していく。いつも通りに四股を踏み、塩を撒き、足腰、肩のストレッチ。相撲もいつものように柔らかい相撲を取って、結果的に全勝優勝となった。



先週くらいだろうか、昭和の大横綱、大鵬関の追悼番組で白鵬が大鵬に最後に会った際の会話が放送されていた。かの大横綱大鵬も、酸素吸入器を付け車椅子に腰掛け、声もあまり出ない状況だった。そこで白鵬に向かって「頑張れよ」、「頑張れよ」と何度も言っていた。そして最後に「頑張れよ。でも、いい加減な事はやっちゃだめだよ」と言い、弱った姿を見せたくなかったのか、そそくさと「お母さん、行くよ」と言って入院先の病院へと向かった。


白鵬という醜名は、実は大鵬関と、ライバルだった柏戸関の2人から取った醜名らしい。さすがに恐れ多いということで白鵬の白は木偏がとられて、色白だったこともあり今の“白鵬”となったそうだ。


白鵬は、優勝インタビューで大鵬関へ皆で黙祷を捧げようと言い、観客皆で黙祷を捧げた。


今回程相撲をじっくり見た事がなかったので、新たな発見が多く、横綱としての在り方や勝負師としての心構え等、いろいろと考えさせられた。



カイロプラクターもまた、結果が求められる存在だ。

横綱、白鵬 翔。彼から学ぶことは多い。

http://www.sports-kokoro.jp/pc/message.php?id=12より

Saturday, March 16, 2013

やりたい事

学生時代、学習塾で塾講師をしていた時、中学生、高校生を相手にすることが多かったが、ほとんどの子達から「(将来)特にやりたい事な〜い」という言葉を聞く事がかなり多かった。何十人か見て来た中で、ひとりだけ「僕は将来パイロットになりたいんだ!」と言った子がいた。ひとりだけだ。


そんな中、自分はというと中学生の頃から将来カイロプラクティックをやりたいとずっと目標にしてきた。自分の場合は、やりたい事がないと思った事が一切無く、常にやりたい事が頭にあったので、「やりたい事がわかんな〜い」といった感覚を味わった事がない。



逆に、常に目標があったからこそ盲目的になってしまう面も多々あった。代表的な例としてはカイロプラクティックへの道だろう。

“カイロプラクティック”と一言で言っても、その内容はひと言では言い表せないほどに多様化してしまって、混沌としている。
簡単に言えば、自分が一番最初に知った“カイロプラクティック”と、今やっている“カイロプラクティック”は全く別だ。その違いについてはここでは触れないが、目標を定めたら一気に目標に向かって突っ走ってしまうために、周りが見えなくなってしまうので結局遠回りをしてしまう。最初に定めた目標が、進んで行くにつれて「これは何か違う」となって、当初とは違う目標に向かって走る事になってしまった。

今になってみれば、その“寄り道”があってこそ今の道があるのだが、もう少し気持ちに余裕を持ったほうがいいなと最近思うようになった。



そんな、形は違えど常にやりたいことをやらせてくれる自分の家族、親戚には頭が上がらない。皆のお陰様だ。



やりたいことを支援する。今度はカイロプラクターとして自分がその人のやりたい事を支援したい。特にやりたい事がない人には、やらなければならない事がある。そのやらなければならない事を、カイロプラクティックを通して支援したい。



これが今、自分のやりたい事だ。

Wednesday, March 13, 2013

岡本太郎





岡本太郎と聞いて、どういう連想をするだろうか。


































彼は所謂世間一般的に言う“変人”だろう。

“変人”というのは“普通”の人でないと言う事だが、いったい“普通”とはなんだろう。そこに岡本太郎は真正面から激しくぶつかり、瞬間瞬間を生きた“真の人間”だと言う事に最近気付いた。


殻を突き破り、生命を爆発させろ!そんな声が聞こえて来そう。

より自分らしく活きた先輩だ。


太陽の塔の顔そのもの

Sunday, March 10, 2013

システム&料金

当オフィスのシステム&料金をここで紹介しておこうと思います。




まず、基本的に当オフィスは「ペア制」です。
つまり同時に2人(最大3人まで)のチェックをします。知らない人同士を一緒にチェックする訳ではないので、家族、友人、同僚などと来られることをお勧めします。

なぜこのシステムにしたかというと、来られる方の不安を多少なりとも軽減するためです。ひとりで来られるより、よく知っている誰かと一緒に来られることで安心できると思い、「ペア制」でご予約を承ります。

※もちろん、お一人でのご予約も出来ますが、料金が割高になりますのでご注意下さい。




更にもうひとつの特徴的なシステムは、原則、初回は検査のみです(無料)。
これにはふたつ理由があって、まずは宮崎県内にしては料金が割高なので、内容に納得したうえで来て頂きたいからです。納得したものに対してでなければ、それなりの金額は出せないのは当たり前です。初回に検査を行い、私に出来る事等をお伝えしますので、そこで次回来てみたいということであれば、いつでもお待ちしております。

もうひとつの理由としては、来られる方の状態を正確に判断するためです。そもそもカイロプラクティックの目的は、生まれ持った力(生命力、適応力)を十分に発揮してもらうことです。検査の結果、すでにその力がしっかり発揮されていれば、カイロプラクターのすることは何もありません。逆にその判断を間違えれば、生まれ持った機能を引き下げ、悪い方向へと進みかねない、“重要な分岐点”になるからです。そのため、十分に力が発揮出来ているか否かを判断するために、入念に検査をする必要があります。


そしてもうひとつの特徴は、当オフィスに来られる頻度や予約は、全てご自身で決めて頂きます。
これは、ご自分の体はご自身で管理する責任があるからです。世間一般的に、ご自分の身体にもかかわらずご自分で管理せずに“その道のプロ”に任せる風潮があります。確かにその道のプロですが、ご自身の体を一番知っているのは、自分自身です。普段見過ごしてしまっている自分の状態を、今一度見つめる力を育んで頂きたくこのようなシステムにしました。





次に料金のご紹介をします。
以下の料金は一人当たりの金額です。


<ペア予約の場合>
一般   :検査+アジャストメント 5,000円
0〜18歳:検査+アジャストメント 2,500円
(検査料のみ 一般:2,500円 0〜18歳:1,250円)


<1名様の場合>
一般   :検査+アジャストメント 7,000円
0〜18歳:検査+アジャストメント 3,500円

(検査料のみ 一般:3,500円 0〜18歳:1,750円)

・初回料はありません
・2回目からは、アジャストメントの必要がなければ検査料のみ頂きます
・回数券はありません
・クレジットカードはご利用になれません


料金に関しては、2人でお越し頂きやすいように割安にしてあります。また、0〜18歳の料金は一般の半額です。これは、心身が成長していく過程におけるカイロプラクティックケアが今後の人生においてかなり重要だと考えていますので、来て頂きやすくするために一般料金の半額に致しました。





以上が、当オフィスの主なシステム&料金です。

大事な人を誘い、生まれ持った本来の力を十分に発揮できているかチェックを受け、人生を楽しく、より自分らしく活きるきっかけにして頂ければ幸いです!




※この情報は2013年5月22日現在のものです。今後変更する可能性がありますので、その時には追って報告致します。

Tuesday, March 5, 2013

オープンへ

なぜか2月は何かとパッとしない日が続いたが、両親、親戚、姉達、皆の協力のお陰でどうにか前に進めるメドがつき、やっと歯車が動き出した感じがする。


そんな中、お願いしていた名刺が今日届いた!
気付いたらイタリアカラーだ!

う〜ん、良い感じに仕上げて下さった!
自分の名刺には、“常識的”にあるはずの住所や電話番号が記載されていない。名刺に載っているのは、メッセージ、氏名、オフィス名、ブログURLだけだ。これは、一般的な“常識”に対するささやかなる反抗だ(笑)

こうして形になると、より実感が湧いて来た。
何度か変更をお願いし、思いを形にして頂いた「伝えるデザインスタジオ」の下堂園さん、ありがとうございました!下堂園さんを紹介してくれた姉ちゃんも、ありがとう。



そしてそして、当オフィスの正式オープン日を2013年4月1日にすることに致しました。こうしてオープンに漕ぎ着けられるのも、今まで私に関わった人生の先輩方、同志、友人、そして家族、親戚の皆様のお陰です。誰ひとり欠けても、オフィスの開業は絶対に有り得ませんでした。改めて、皆様のお陰様です、ありがとうございます。これから私に関わった方々、関わる方々が、より自分らしく活きることができるように、日々精進して参ります。


今後とも、志賀隆史をよろしくお願い申し上げます。