Pages

Wednesday, December 26, 2012

前へ

帰国して約2週間、22日から26日まで東京へ行ってきた。もちろんBoeing 787で(笑)さすが最新鋭の飛行機。所々に目新しさが鏤められている。

今回はアメリカに行ったマイルで東京−宮崎間のチケットが取れたので、シャーマンで学んで来た事、感じて来た事を確認するandしてもらう為に東京行きを前もって決めていた。


初日はマードックの同窓生と約2年半ぶりの再会。経験者ならではの意見を聞いたり、皆元気そうにしていたので良かった。

2日目、まさか前日と同じ系列の店になるとは思ってなかったが、Sherman Straight Clubの忘年会。とその前にHIROさんとの初対面。約1時間程お茶をして自分がシャーマンで感じて来た事、経験して来た事を伝えた。正直時間が足りなかったが、あまりにも伝え過ぎたら面白さが減ってしまうだろうからちょうど良かったと言えば良かった。時間になり、忘年会会場へ。この日は三宅先生もゲストで来て頂いたので、おもしろい話をたくさん聞けたし、自分がシャーマンで学んで来たことは間違ってなかったことを随所に確認できた。

3日目、前々から見学してみたかったBJ塾の講義を見学させて頂く事に。この日は"Living Legend"こと三宅誠先生の講義。さすが三宅先生。次元が明らかに違うので、話を理解するのは容易ではなかった……。三宅先生の言葉には一切無駄がなく、解釈する側のバックグラウンドによって理解出来るか出来ないかが決まって来る。自分もたまに「?」と思うところもあったが、先生の言葉を後で思い返すとすごい事を言っていたんだな〜と思わされる。講義後、まさかまさかの谷崎先生、三宅先生と自分の3人でご飯に!こんな日が来るとは夢にも思っていなかった。連れて行って頂いたお店も美味しいお店で、熱々の熱燗を3人で飲みながら、先生方の昔の話から将来のビジョンまでを聞く事ができた。いや〜しかし、タイプとしては両極端の先生方がこのようにひとつの空間を共有することで生まれるパワーは半端じゃなかった。お二方を一度に見ると、太極図が見えて来る。タオを感じた瞬間だった。

4日目、この日もBJ塾の講義を見学させて頂く事に。図々しくも2日間の見学をお願いすると、谷崎先生は快くOKしてくださった。この日は谷崎先生と山本先生の講義。前日とはまた違った空気感があり、この空気感の違いに思わず講義中にニヤけてしまった(笑)実技の時間では自分も参加させて頂き、アドバイスも頂いた。先生方や塾生達の視線がジリジリと自分に当てられると、さすがに緊張してしまった。まあ、これも今の実力だ。受け入れて次のステップへと繋げなければ成長はないだろう。

本当にBJ塾は素晴らしい塾だ。経験豊富な講師陣や、その先生方が創り出す空気、熱心に学ぶ塾生達のアツい視線が溢れている素晴らしい場所だ。このような機会を与えて頂いた林先生、嶋田先生、谷崎先生、三宅先生、塾生の方々に感謝です。ありがとうございました。

そして5日目、この日は久しぶりのスパインチェックに青山のストレートカイロプラクティックへ。天気が最高に良く、HIROさんと一緒にスパインチェックをしてもらた。ここでも、所々自分の持っている感覚が間違ってなかったと自身を持てたところと、そうでないところも確認できた。嶋田先生、HIROさん、ありがとうございました。



自分がシャーマンで学んで来た事、受け継いで来た事を確認でき、ようやく前に進める気がする!HIROさんも前に進む、嶋田先生も前に進む、BJ塾も前に進む、Objective Straight Chiropracticも前に進む、日本のカイロプラクティックも前に進む、皆が前に進む!!


進みます!


Wednesday, December 12, 2012

ついに

ついにSherman College聴講日記が終わる。

「帰るまでが遠足だ!」と小学生の頃によく先生達に言われたもんで、帰宅した時に書こうと思っていたのだが、散髪、免許の更新等に追われて今日になった。家に着くまでおよそ28時間。東京から実家まで4時間弱かかるので、特に帰国してからが長かったように感じる。今回のチケットは宮崎からGSPの往復航空券で、東京から宮崎の便でやっとBoeing 787に乗られるということでワクワクしていたのだが、時差ぼけ予防に無理してずっと起きていたため、今年一番の睡魔に襲われて肝心の787をフルに楽しむ事無く、宮崎空港に降り立った(笑)こりゃまた乗らねば!


いや〜しかし、こんなに清々しい気持ちはいつぶりだろうか。いや、初めてかも。Shermanの先生達や学生達に一通りメールを送り、ようやく一息。だんだんとSherman College聴講が終わったんだなと感じる。そしてこれから次のステップに移らなければと、また意気込む。

よし、これでSherman College聴講日記は終わり!次は何が待っているのか、楽しみだ!!




Sunday, December 9, 2012

いよいよ

いよいよ、Sherman College聴講日記が終わろうとしている。
帰国へのフライトは朝5:55、日本時間の19:55だ。到着は10日の夜頃になる予定で、帰国へのフライトが朝早いためGSP(空港)で一夜を過ごすことにした。


今こうしてゆっくり思い返してみると、5ヶ月間で多くの人に支えられた。その人達の支えがなければ、今の自分はない。誰一人欠けても今の自分は成り立たない。全ての事が、適切なタイミングで、適切に過ぎ去っていった。本当にこの5ヶ月は、周りの方々への感謝と自分自身と向き合えたという、やけに心地よい充実感に満たされている。


たった5ヶ月間、数字で見ると大した事は無い。自分はDCでもないし、留学というカテゴリーには属さない。ただ単に、5ヶ月間旅行しただけだ。しかもディプロマでもサーティフィケーションでも何でもない、普通の授業を受けにアメリカに行っただけだ。ある人はそれを愚行だと言うかもしれない。ある人はそれを無駄だと言うかもしれない。ある人はそれを無意味だと言うかもしれない。しかしながら、その“旅行”で得たものはとてつもなく大きなものだということは断言できる。そしてそれがこれから先、どれだけ多くの人に、どれだけ遠くの世界に、どれだけ先の人生に影響を及ぼすかはわからないが、これだけは言える。それはひとりの人間の全てを変える。

今は、妙な満足感と妙な自身で満たされて、なんか心地が良い。心地良すぎて眠ってしまいそうだが、寝たら寝過ごしそうだから起きてなきゃいけない(笑)あ〜、眠い。。。

いよいよ、終わる。いよいよ始まる!

ここで終わり、ここから始まる!

Tuesday, December 4, 2012

残り5日

なんと楽しい日々はあっという間に過ぎてしまうのか、気付けばもう1週間を切っている!帰国日が迫っているというのにも関わらず、全く帰国するという感覚がない。まるでこれからもこのような毎日が過ぎるんだろうといった感覚だ。

残り1週間ということで、来週にテストを控えている中、友達が遊びに誘ってくれたり、ディナーをご馳走してくれたりと本当に良い人達に囲まれて幸せだ。

最近学校では、すっかりターグルの先生状態で同志のGregをはじめ、クラスメイトにターグルを教える始末(笑)テストが近く、学生達のお尻にもようやく火がついたみたいだ(笑)テストの為なのはわかっているが、もう少し頑張ってくれ!学生達!


ちなみに今日は、Dr. Rushのオフィスへの最後の訪問だった。今回もアジャストメントの必要がなく、検査だけで終了。結局10月中旬頃に受けたアジャストメントの1回のみだった!ありがとうInnate!Dr. Rushには色々質問して何度も熱心に教えてくれた。そして奥さんのVickiにもケーキやパンをご馳走になり、仕舞いには明後日に息子さんとDr. Rush夫妻行きつけの日本食レストラン、"Wasabi"に連れて行ってくれることになった!


残り5日、さらに充実した時間を過ごせそうだ!