Pages

Monday, May 28, 2012

震災がれき

未だに震災がれきの受け入れ云々で揉めているみたいだが、俺には揉める意味がわからない。「目先の利益」とはまさにこの事じゃないだろうか。微量でも放射線が検出されると心配だとか、子供のためになど良い言い訳を利用して、実は自分の事、自分の利益のことしか考えていない。子供のためを思うなら、協力する姿を見せるべきだろ。「被災地の為に!」と言いながら自分に都合の悪いことはしないのか?(もちろん、本気で行動している人もいるだろうが)

自分が小学生くらいのときには「ダイオキシン」が大流行したが、今度は「放射線」が大人気。みんな挙って放射線量を測定して高いだ、低いだで大騒ぎだ。過去に恐れられていたものに関しては、ある程度国による規制ができて心配するに及ばない数値になったかもしれないが、心配いらないという情報のお陰で熱さが喉元を過ぎたのだろう、どこかで大量にダイオキシンを排出しているかもしれないのに全く気にならないみたいだ。いずれ“放射線ブーム”もこのように風化していくんだろう。

そもそも震災がれき受け入れを拒否する人の中で、公共の場や子供がいる前でタバコを吸ったり、車の排気ガスが充満するような場所に行ったり、誰も見ていないのを良い事に焚き火をしていろんなものを燃やしたり、気付かずとも農薬たっぷりの野菜を食べたり、旅行で飛行機にしょっちゅう乗ったり、健康チェックの為にとレントゲンをいっぱい撮っている人は、拒否できないだろう。この世の中に絶対的に身体に良いものなんて何ひとつないからだ。もし、微量の放射線でも身体に悪影響があると思うのであればこの自然環境では生活できない。我々“いきもの”はそんな世界に生き、生かされているということを知るべきだ。(これは健康に影響を及ぼす絶対値を議論しているのではなく、体に悪いという漠然とした判断基準による見地への問題提起である)


今回の震災がれきに関しては、放射線量が高かろうが、低かろうが日本国民みんなの問題で、みんなで処理すべきだ。東電だけが悪いわけじゃない。東電に電気をつくってもらってる自分達にも責任はあるはずだ。日本には海岸沿いに原発があり、しかも地震国だ。日本中どこでも今回の震災のような状況になりかねないのに、自分さえ良ければなんて考えないでほしい。自分ひとりで生きているのではないんだから。生かし、生かされ、生きていくのが自然の摂理だろう。


しっかりしろよ!宮崎県!口蹄疫のときに助けてもらったじゃねえか!




Thursday, May 17, 2012

Joe Hisaishi

自分はクラシック音楽やオーケストラ系の音楽は全く知らないし、どうも心に入ってこない。けど、久石譲の創り出す音楽はすんなり自分の心に入ってくる。




久石譲の音楽は特徴的で、聴くとすぐにわかる。ひと言で言えば“日本的”だ。西洋の楽器を使って日本的な音楽を創り出せる唯一の作曲家ではないだろうか?久石譲の音楽を聞いていると、日本の四季、田園風景、人間の営み、日本人的な心の移ろいが勝手に眼に浮かぶ。今までピアノの曲やオーケストラの音楽を聞いても抱いた事の無い不思議な感覚があることに、自分でも驚いた。

“耳”以外を震わす音楽。

そんなものをカイロプラクティックで表現したい。



Monday, May 14, 2012

ご報告

ようやく、Sherman College of Chiropracticの7月9日から始まるサマークオーターに行けることになりました!

Shermanに聴講生として行くと決めて2年。英語の勉強をして1年。ようやくスタートラインの手前まで来れた。これも、きっかけを与えて下さった嶋田先生、応援してくれた友達や先輩、多くの同志達、そしてなによりも温かい眼で見守り、応援してくれた家族の協力があってこそです。本当にありがとうございます。

これでようやく、ストレートカイロプラクターとしてのスタート地点に立つことができました。これからは、ストレートカイロプラクター志賀隆史として恩返ししていければと思います。


大変長らくお待たせ致しました。ストレートカイロプラクター志賀隆史のスタートです!

高千穂神社の秩父杉

Friday, May 11, 2012

早日渡

昨日、一昨日と父の実家である早日渡(はやひと)のお寺の手伝いに行った。といっても霊柩車の運転手でもなく、葬式の準備でもない。本堂の横にある庫裏(くり)を作り替えるために、荷物を移動しなければいけなかったので手伝いを頼まれた訳だ。


まあ〜物の多いこと!今の庫裏になってから50数年経っているらしいので、古いものがたくさんある。業務用の何百キロもあるプリンターや大量の紙類。重かった〜。。案の定、翌日には強烈な筋肉痛が襲って来た。

庫裏の玄関。けどここから入ったことはほとんどない 笑

ここで、親戚が集まって天然鮎を食べたっけ


都会じゃなかなか見られないかな?

蛇口は見た



じいちゃんがいつもここで何か燃やしてたな〜


恵比寿さん?初めて気付いた! 笑
自分の物心ついた時からあった馴染み深いものが取り壊され、新しくなる。少し寂しくもあり、嬉しくもある。まあ、これも自然の摂理。執着し過ぎるとそれを失ったときの穴は大きくなってしまって穴を埋めきれなくなるため、そこまで執着しないようにした。かといって、全く執着しないと言う訳ではなく、その“バランス”を上手く取らなければ環境に適応できなくなってしまう。

新しい時代の始まりだ!


Monday, May 7, 2012

BJスペシャル ポータブル

ゴールデンウィーク中の暇つぶしとして、将来延岡オフィスに必要となるBJスペシャルのポータブル版を作った!

ヘッドピースはBJスペシャル本体のものを使用
ヘッドピースなし

レイアンドカンパニーさんがBJスペシャルの廉価版を制作したそうだが、今の状況で買えるわけが無いし、買う予定も今のところ無い。けど、将来的に宮崎市と延岡市で開業するのにBJスペシャルが2つ必要になるな〜と思っていたところ、自分で作ればいいやと思い立ったわけだ。

これが予想以上の出来!父の協力があってかなり上手くいった。床面からの寸法はBJスペシャルをミリ単位で忠実に再現した。BJスペシャルを改良したい点はいくつかあるが、BJスペシャルより使いやすくなっては少々困るところがあるので、出来るだけヘッドピースやアームレスト等の高さは忠実に再現した。

木製で剛性や機能美は劣るが、木の香りや質感が柔らかい空気を醸し出してくれる。BJスペシャル本体からヘッドピースを外すだけでどこにでも持って行けるのも魅力。

ちなみに、制作費用は約3,000円。安っ!

う〜ん、各々個性があっていい!

さすがBJスペシャル、貫禄があるな〜
このふたつは共演することはないが、それぞれの個性をそれぞれの場所で発揮してくれるだろう!