Pages

Thursday, September 21, 2017

必要があるからそうなっている

クライアントさんと話していて、いろんな悩みを相談されることがある。


「もう歳だから無理ですよね」「〇〇がすごくコンプレックスなんです」「〇〇は良くなりますか?」



私はその悩みに対して何かをできるプロではないが、

そういう時にカイロプラクティックのアイディアを伝えるようにしている。

<何が要因でそうなったか僕にはわかりませんが 、体がそうせざるを得ない状況が有るからそうなっているんですよ。体は無駄なことはしないんです>






例えば、畑仕事をしているおばあちゃんがいる。

そのおばあちゃんは毎日畑仕事をしているために、背中が曲がって色々と不自由を被っている。

そんなおばあちゃんに対して、背骨はまっすぐが良いですよ!なんて他人が言ったところで、

体は毎日長時間の畑仕事をしやすいように体を変化させている。

なぜなら、体は与えられた環境で仕事をこなす(生きる)ことが第一命題だからだ。


仮に手術でまっすぐにしたとしても、日課である畑仕事がやりづらくて仕方なくなってしまう。

果たして、おばあちゃんの人生にとってはまっすぐにすることが正義なのだろうか?





ムキムキマッチョの人も、

何十キロ、何百キロの重りを持ち上げる状況をその人が体に与えるからこそ、

体はその状況に対応できるように筋肉をつけただけだ。






何が良いか悪いかの価値判断は本人に選択権があるので細かい話は抜きにするが、

体はそうする必要があるからそうなっているだけ

というシンプルなカイロプラクティックのアイディアを伝えるようにしている。


Monday, September 18, 2017

感謝!

9月18日はカイロプラクティックの誕生日


カイロプラクティックという職業がこの世に生まれて122年目に突入した。



そのお陰でご飯を食べさせてもらい、多くの人と出会い、多くの経験をさせてもらい、

そして大事なことを教えてくれる。





カイロプラクティックのアイディアを目の前の人達に伝えていき、

それぞれの特性が活きたオンリーワンの花を咲かせられるよう、

感謝を込めて全力を尽くしていくと改めて誓った。




Wednesday, September 13, 2017

心持ち

心の持ち方ひとつで体の表現は大きく変わる。



カイロプラクティックの表現方法としてターグルリコイルという手法を実践する時、

心の持ち方を間違えると、

見た目は似ているかもしれないが全く異なる表現になってしまう。



その心の持ち方は、

カイロプラクティック独自のアイディア(哲学)の理解度次第であり、

それを深めれば深めるほどに表現が磨かれてくると身をもって実感する。



体使いは心使い、心使いは体使い


その繋がりを干渉する"無駄な贅肉"を落としていく作業は、一生を懸ける価値がある。