Pages

Thursday, February 22, 2018

生きるために

「先生、なんでこう(脊椎サブラクセーション)なるんですかね?」

とクライアントさんに訊かれることが多いです。

ヒトは学習能力が極めて発達した生物なので、“予防” の意識が働くのも当然ですね。




なぜ脊椎サブラクセーションになるかには法則性があります。

それは「保身」です。

もう少し詳しく言えば、「自分を守るために“自分で”ブレーキをかける本能があるから」です。



小さい頃に自転車に乗って、坂道を颯爽と降った事がある人は多いと思います。


その時、「やばい!!!」と思った事はありませんか?


そうです、スピードが出過ぎて身の危険を覚え、次の瞬間にはブレーキをかけますよね。


そしてずーっとブレーキを握っているとワイヤーが伸びてブレーキパッドが元に戻りにくくなってしまいます。


下り坂が終わりペダルをこいで進もうとしますが、

元に戻りにくくなってしまったブレーキパッドが今度は前に進むのを“邪魔”してしまいます。




この一連の流れが、あなたが脊椎サブラクセーション状態に陥ってオフィスに来られるまでを表しています。


脊椎サブラクセーション状態は、あなたが自分で身を守る為に行った結果なんです。


私にできることは、

ブレーキがかかっていて前に進み難くなっている状態から、

ブレーキを外すサポートをするだけです。



前に進みたいけどうまく進めない人は、

一度体にブレーキがかかってしまっているかを確認された方が良いかもしれませんね。




Wednesday, February 21, 2018

そもそもの話

「前提」は何気ない行動の裏にあるものですが、

その「前提」が共有できていない事がミスコミュニケーションを生んで、

終いには相手を否定し合うという建設的ではない状況を創り出しています。


カイロプラクティックも同じです。

6/21(木)に開催するセミナーでは、

D.D. Palmer、 B.J. Palmer、そしてその時代背景を含めて

彼らがどう考え、どう表現してきたか、

そして、

今の日本の現状を鑑みてこれからどうしていけば良いのか、

主にそのテーマに則って私は講演をしようと考えています。



昔の人も今の人も同じですが、

言ったことそのものよりも、その背景、前提が違えば意味合いやターゲットが大きく変わってきます。



表現は結果でしかありません。

昨今、言葉狩りが流行っていますが、

表現という枝葉ばかりに気を取られて、最も肝心な大元がおざなりになっていると日々感じています。

そして世界的に枝葉である表現ばかりを磨くセミナーが多いのは事実です。




読書は苦手ですが、

『行間を読め』

という事に近いのかもしれません。


なぜD.D.はこう言ったのか、やったのか、

なぜB.J.はこう言ったのか、やったのか、

言った事やった事よりもずっと、

その背後に潜んで見えない「前提」を共有することの方が今後のカイロプラクティック界では大切だと思っています。



表現も大切です。

そしてその背後にある「前提」も同じように大切です。



今一度、ご自身のそのバランスを考えてみては如何ですか?




Tuesday, February 20, 2018

カイロプラクティックをもっと知りたい

今年の6月21日(木)にカイロプラクティックをもっと知りたい、深めたいという人を対象に

TIC道主催でセミナーを行うことになりました。

※セミナー詳細はこちら
  Straight ChiropracTIC Seminar Vol.1 by TIC-DO


そこではタイトルの通り、

「カイロプラクティックをもっと知りたい、深めたい!でも、どうすれば良いかわからない…」

という学生やカイロプラクターがカイロプラクティックの “コア” に触れる機会をつくるために開催します。

私がマードック大学に在学中、

「医者と同じ勉強をして“カイロプラクターです”名乗ることに誇りをもてるのか?」

「医者がやってること行うなら自分が居る意味がない。カイロプラクティックの独自性はどこにあるのか?」

と日々、目印も何もない中でもがき苦しんでいました。

その中で出会ったのがストレートカイロプラクティックであり、

それによって拠り所もなく彷徨っていたのが、

急に靄が晴れて強烈に陽が射し込んだようにクリアになったことを今でもはっきりと記憶しています。


私が実践をはじめて丸5年が経とうとしています。

まだまだ若輩者ではありますが、これにすべてを捧げると決意して進んできた歩みが、

かつての私のように拠り所もなく彷徨っている人を後押しする力になれればと思っています。

そして同じようにカイロプラクティックを深め、継承していく同志が現れれば幸運なことだと思い、

すべてを提供したいと決めました。





“なぜ”あなたはクライアントにアプローチするのですか?

“なぜ”あなたはそのアプローチ(テクニック)を行っているのですか?

“なぜ”あなたはカイロプラクティックと名乗っているのですか?

“なぜ”「カイロプラクティック」なんですか?

“なぜ”クライアントの状態を判断し、どういう考えに基づいてアプローチしているのですか?

「イネイトインテリジェンス」って何ですか?

「脊椎サブラクセーション」って何ですか?

「アジャストメント」って何ですか?

カイロプラクティックの学びを、もうわかってると思って止めていませんか?



『そう教わったからやっている』
で、良いんですか?

そんなカイロプラクティックの根幹を共に深く、そして太く柔軟にして豊かなカイロプラクティックライフを送れる場が此処にはあります。



根の“浅い”木は簡単になぎ倒されます。
幹が“固い”だけの木は簡単に折れます。


あなたの中の「カイロプラクティック」という名の木は、どんな木ですか?




きっとご自身の揺ぎ無い根幹を手に入れられるきっかけになれると思っています。